工場物流


付加価値物流

ハイブリッド梱包(スチール梱包)

従来の木枠・プラスチックパレットに代わり、軽量・低価格を目的に木枠梱包技能、金属加工技能、素材知識を組み合わせた「ハイブリット梱包(スチール梱包)」事業を2000年(平成12年)よりおこなっています。

高品質、省資源、軽量といったメリットを生かして事業展開を進めています。

弊社の強み/ハイブリッド梱包(スチール梱包)

現在、重量物の海外向け輸送包装として木箱(木枠)梱包が多く用いられています。しかしながら近年の環境保全への意識の高まりや、輸出入の際に、木材の燻蒸処理を必要とする国の増加など、木箱(木枠)梱包に対する課題が議論されています。

そうした中、木枠梱包以外にもスチール(鋼材)を利用したハイブリッド梱包(スチール梱包)にも弊社は取り組んでいます。

弊社で製品の重量、形状、輸送条件、荷役条件、コストなどの条件から理想的な梱包形態を選定します。

《特徴》

  • 同一用途の他素材パレットよりも軽量です。
  • リサイクル、リユースが可能で、廃棄時の環境汚染を軽減し、地球環境に優しい素材です。
  • 湿気や微生物などによる製品への被害を防止します。
  • 海外出荷時の防虫・燻蒸処理は必要ありません。
  • 外観良による製品の包装品質向上になります。

世界トップレベルの企業様と日々お取引する中、商品企画・改善を実施いたしており、お客様に鍛えられた技術力・提案力が弊社の強みです。

コスト削減

スチール工場

《富士物流センター》

スチール製パレット製作用溶接ロボットシステム2基(溶接ロボットx計4台)を導入
溶接工程の自動化と共に、安定品質の維持、供給に努めております。

ハイブリッド梱包(スチール梱包)の種類

ハイブリット外装梱包

フォーミング材を用いたスチール製(亜鉛メッキ)パレット(1100mm× 1100mm)へ スリーブ(箱・強化段ボール)を組み合わせた梱包となります。


カスタムハイブリット梱包

製品仕様・用途に応じ、フォーミング材・鋼材を選択し、カスタム設計した梱包となります。 運搬形態に応じ、物流用機能(フック、ボルト等)が追加できます。


スチールパレット

フォーミング材を用いたスチール製(亜鉛メッキ)パレット(1100mm×1100mm)となります。自社溶接ロボット工場にて月産5,000枚を生産しております。


カスタムスチールパレット

製品仕様・用途に応じ、フォーミング材・鋼材を選択し、カスタム設計した梱包となります。国内輸送や港倉庫までの運搬用架台としてご利用頂いております。

スチールBOX

スチール部材を用いた梱包となります。

《S-BOX》

 亜鉛メッキ鋼板のロールをベンディングマシーンにより、波または凹凸に加工した部材を使用して側、つま、天、腰下を構成します。

《SS-BOX》

 一般構造用鋼材を溶接、ボルトなどで接続して組み上げます。プラント設備などの重量物で荷役、輸送で大きな外力が加わる梱包に使用します。
荷役、輸送条件から構造、部材の選定等の設計を行います。

《SS-CONTAINER》

 中重量物用の梱包、亜鉛メッキ鋼板等の軽量軽鋼をメインに構成するが、腰下あるいは、負荷が掛かる部分のみ一般構造用鋼材で補強した梱包。

※お客様の要望にあわせサイズ等ご提案できます。

ハイブリッド梱包の特徴

《仕組み材の梱包、開梱が容易》

 仕組み材をボルトで組むだけなので木枠と比較すると梱包現場での負担を減らすことができます。またS-BOXははめ込み式なので誰でも簡単に組み上げることができます。開梱に関しては、釘を使っていないので容易に作業ができ、木屑等のゴミもでません。

《品質が安定している》

 木材のように、湿度、節、釘による割れ等による強度低下がなく、防錆処理を施せば(亜鉛メッキは不要)長期に渡り品質を保持できます。よって長期保管やリターナブルボックス作成用には適しています。

《防虫処理が不要》

 現在、全世界が木製梱包材の防虫処理を義務付ける方向に動いています。処理方法はISPM#15で統一されるとのことですが、実際には各国の要求事項が統一されてない部分(証明書添付の要求、別スタンプの押印要求等)があり混乱しています。スチール梱包であれば防虫処理の手番を省けますし、各国の防虫処理の要求の違いによる混乱も回避できます。
※中国に関してはスチール梱包でも非木材声明文が必要

《再利用が容易で環境保全に役立つ》

 木枠梱包の釘のついた廃材は大変危険です。またこれを再利用できる施設は限られており、ほとんどが廃棄処理されているのが現状です。スチール梱包は容易に素材ごとに分別できスクラップ処理して再利用できるので環境保全に役立ちます。

業務の流れ

STEP1 ご依頼
STEP2 下見
STEP3 お見積り
STEP4 ご発注/ご契約
STEP5 ご発送
STEP6 ご請求

ご用命は

大崎からのご提案

ご提案内容

お問い合わせフォーム

サービスに関して

大崎に関して

お問い合わせ先一覧

一覧

ページの先頭へ